チョウ目 スズメガ科 スズメガ亜科
エビガラスズメ
Agrius convolvuli

スズメガ科の1種。北海道から南西諸島まで広く分布する。画像は成虫ではないが、この幼虫はよく目撃され、目立つ模様から関心を引く。主にヒルガオ科の各種植物を食べる。成虫は5-11月に出現。夜間によく灯火に飛来してくる。

夜間、灯火に飛来したエビガラスズメ

夜間、灯火に飛来したエビガラスズメ。 

- 200509.08 熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本 -
夜間、灯火に飛来したエビガラスズメ 夜間、灯火に飛来したエビガラスズメ 夜間、灯火に飛来したエビガラスズメ 蛹化場所を探すエビガラスズメの幼虫

 夜間、灯火に飛来し
 たエビガラスズメ
 

 夜間、灯火に飛来し
 たエビガラスズメ
 

 夜間、灯火に飛来し
 たエビガラスズメ
 

 蛹化場所を探すエビ
 ガラスズメの幼虫
 

蛹化場所を探すエビガラスズメの幼虫 眼状紋をあらわにして威嚇するエビガラスズメの幼虫 眼状紋をあらわにして威嚇するエビガラスズメの幼虫  

 蛹化場所を探すエビ
 ガラスズメの幼虫
 

 眼状紋をあらわにし
 て威嚇するエビガラ
 スズメの幼虫

 眼状紋をあらわにし
 て威嚇するエビガラ
 スズメの幼虫


 

TOP  MENU