アミメカゲロウ目 カマキリモドキ科
オオカマキリモドキ
Climaciella magna

日本産の中では大きなカマキリモドキという意。晩夏から初秋にかけて現れて昆虫を捕食するほか、灯火にも飛来する。幼虫はクモの卵のうに寄生するというが、詳しい生態はまだわかっていない。福岡県 の希少野生生物(RED DATA BOOK 2001 FUKUOKA)でのカテゴリーは絶滅危惧U類。

セグロアシナガバチに擬態するオオカマキリモドキ

セグロアシナガバチに擬態するオオカマキリモドキ。
鎌をたたんでハチの頭部に似せる。 


- 2001.09.12 上益城郡山都町米生 -

オオカマキリモドキ オオカマキリモドキ オオカマキリモドキ  

オオカマキリモドキ

 オオカマキリモドキ  オオカマキリモドキ  

TOP  MENU