アミメカゲロウ目 クサカゲロウ科
クサカゲロウの1種
Chrysoperla sp.

一般にクサカゲロウと呼ばれるものは数種のよく似た種を総称している。薄緑色の翅を持ち夜間に灯火へ飛来する。成虫は優曇華(ウドンゲ)の花と言われる糸の先に卵についた複数の卵を産む。孵化した幼虫はアリジゴクによく似た形状をするが、背中にカモフラージュ用のゴミなどをつけて微小昆虫を探して木の枝などを歩き回る。

葉にとまるクサカゲロウ

葉にとまるクサカゲロウ

葉裏にとまるクサカゲロウ ゴミを背負うクサカゲロウの幼虫 ゴミを背負うクサカゲロウの幼虫 ゴミを背負うクサカゲロウの幼虫
 葉裏にとまるクサカゲ
 ロウ
 ゴミを背負うクサカゲ
 ロウの幼虫
 ゴミを背負うクサカゲ
 ロウの幼虫
 ゴミを背負うクサカゲ
 ロウの幼虫

TOP  MENU