ストレスチェックサービス

ソリューション概要

労働安全衛生法の改正(2014年6月)により、従業員50名以上の全事業所におけるストレスチェックが義務化されることになります(平成27年度12月1日に施行予定)。ストレスチェックは医師・保健師等による労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査であり、この実施が事業者に義務付けられます。事業者は検査結果を通知された労働者の申出に応じて医師による面接指導を実施し、その結果、医師の意見を聞いた上で適切な就業上の措置を講じなければなりません。
企業はストレスチェック制度に対する準備(実施体制の準備)、ツールの完備、ノウハウの蓄積が急務となっており、早い段階で取り組みを行うことでより健全な企業体質を目指すことが求められています。
弊社では実施体制およびツールの整備からノウハウ蓄積まで、ストレスチェックに関する環境構築を幅広くサポートします。

こんなことで困っていませんか?

  • ストレスチェック制度に必要な規程や手続き書面の作成するノウハウが無く、困っている。
  • ストレス判定や面接対象者を判断する精神科・診療内科を専門とする医師が見つからず困っている。
  • マイナンバー対応で業務が忙しく、ストレスチェック制度対応に手が回らず、困っている。

システム特長

  • 厚生労働省のガイドラインに沿った実施体制を整備するツールを完備。
  • メンタルヘルスに精通した専門医を実施者としてサービス内で提供。
  • 運用面や、ストレス診断・判定に関する専門的な相談に対応。

機能一覧

  • 導入ガイド
  • 書面テンプレート集
  • 組織分析サービス
  • 組織分析
  • ストレスチェック受験・診断
  • ストレスチェック受験促進
  • ストレス判定
  • 面接指導

導入成果

  • 法令に準拠した実施体制を整えることができた。
  • メンタルヘルスの専門医による診断やアドバイスを受けることができた。
  • ストレスチェックの運用面や専門的な問題の相談をする事で、疑問を解消することができた。

関連リンク

ソリューションに関するお問い合わせ