会社での取り組み

紙の使用量削減

裏紙プリンタ

紙の使用量削減を促進するために、古い書類の片面や印刷に失敗した場合は、社内書類の印刷用として両面利用を行う専用の裏紙プリンタを設置しています。両面使用後は、捨てずにトイレットペーパーやダンボールの材料として専門業者へ引き継がれます。

印刷ログ収集

社内で使用する印刷物は、専用のツールを使って両面印刷と2UP印刷を行い、各部門ごとのログ収集を行っています。月に一度削減率を目安に注意喚起を行い、全社的な抑制を推進しています。

電気の使用量削減

蛍光灯間引き

節電対策のため、本社では蛍光灯の間引きを行っています。フロア内半分の蛍光灯を間引いています。また、昼間の明るい時間帯は、照明利用を最小限に抑えるように、明かりを消し、外からの日光を活用しています。

エアコン主電源OFF

エアコンの主電源管理を行っています。一定の時間になると主電源が自動的にOFFになるように設定し、電源の消し忘れを防止しています。現在の設定は、12時・15時・18時・20時・22時・24時と6回の設定をしています。

電気使用量(本社他テナントとの比較)

以前より電気の使用量削減に取り組んでいますが、2011年3月の震災以降、「蛍光灯の間引き」や「エアコン主電源OFF」などを取組み、着実に成果が表れています。右の表は本社入居ビル(東比恵ビジネスセンター)の当社と同等の広さの他テナントとの電気使用量の比較です。当社は他テナント以上に環境活動に取り組んでいます。

バイオマス電力の活用

バイオマス発電

リサイクルセンターにおける年間消費電力のうち、約1/4にあたる5,000kWhを自然界から得られるクリーンエネルギーを活用したバイオマス発電による電力を、2005年より継続して購入し活用しています。